メニュー 電話 無料個別相談を予約する
婚活のコツ

婚活の道のりを考える(`・ω・´)

婚活の道のり

人生と同じように婚活は、選択と覚悟の繰り返しです。出会いの場はどこにあるのか。自分が心豊かな人生を送れるのは、どのお相手なのか。ときには結婚というワードが遠くて重くて、周りの幸せを素直に喜べない日もあるはずです。

暗い気持ちになるときも、明るくウキウキした気持ちのときもあるのが婚活です。今、ご自身が婚活という山のどの辺りにいるのか、道のりを今一度確認してみませんか。

― 目次 ―

婚活の山を登るか、登らないか。

婚活の山
結婚までの道のりを「婚活の山」として考えたとき、頂上にたどり着くまでには、いくつもの難関が待ち受けています。そのたびに選択と覚悟の繰り返しです。

婚活スタートとなる1合目、3合目は特定の異性との出会い、5合目は恋人としてのお付き合い、8合目にはプロポーズ、そして頂上が結婚。

まずは1合目。スタート地点に立つか、立たないかの選択です。

婚活の山1合目「婚活スタート」

婚活の山を登るか登らないか
結婚をしなければ、自分の時間とお金を自由に使うことができます。好きなときに好きなところへ行って、好きなことをして有意義に過ごせます。

「なぜ婚活をするのか」という初心を忘れずに山を登ってください。それがなければ、途中で道に迷って、先に進むことをあきらめてしまうかもしれません。

なぜ婚活をするのか

なぜ結婚するのか
「あなたは何故!?婚活をしていますか?」これを質問すると、多くの方が
「結婚するため」
「結婚相手を見つけるため」
「幸せになるため」と答えてくださると思います。

しかし、いざ婚活の現場になると好き嫌いオンリーでお相手探しに夢中になってしまい、結婚相手を見つけられないというループに陥ってしまっています。そんな時には、「なぜ婚活をしているのか?」を自分自身に問いかけてみてください。

そうすればきっと、本来のご自身が望む進路へと軌道を修正できると思います。そして婚活を始めたときの気持ちや「結婚に対する期待感」を忘れないようにしてください。

迷ったら初心に返る!これは重要です。

婚活の山3合目「出会い」

自分らしくいられる結婚相手
知人からの紹介や趣味の集まり、結婚相談所や婚活アプリ、さまざまな出会いの方法があります。「こんにちは、はじめまして」そのひとことが、3合目の到達です。

1度会ったきりで終わるのか、友達・知り合いとして関係を築くのか、友達以上の関係になるのか。ここでも選択の連続です。

「自分らしく」を実現するためのお相手探し

自分らしくいられるお相手
「自分らしく」この言葉を大切に婚活したい方は多いと思います。

結婚は夫婦の二人三脚と言われますが、一緒に人生を歩むなら、自分らしくいられる相手が必要ですよね。その「自分らしく」を実現するためには、婚活でお相手にどう振る舞うのか。そして、それを受け入れてもらえるかどうかが重要です。

まず異性と出会うことが大前提となりますが、自分らしくいられるお相手探しのステップを次のように大きく3つに分けてみます。

3ステップを3ターム繰り返してみる

1.実際に会って話をする
2.自分を実際よりも良く見せない
3.お互いに無理することなく話ができるか

この3ステップを一人のお相手に対して、3ターム繰り返してみてください。とにかく3回お会いして行うということです。それでもまた会いたい、好きだなと思える人であれば、長続きできる1つの要素になってくると思います。

相互通行で考える

自分らしくいられるお相手探しでポイントになるのは、ステップの2番「自分を実際よりも良く見せない」をどこまでお相手に受け入れてもらえるかです。そして最も重要なのが、受け入れてもらえたのであれば、自分もお相手の等身大の姿を受け入れることです。結婚生活はお二人の生活です。一方通行ではなく、相互通行で考えましょう。

お互いに背伸びをして自分を実際以上に良く見せても、長い結婚生活の中では必ずほころびが出てきます。結婚生活をどのように一緒に送れる相手なのか?これを考えることが、真の幸せな結婚へとつながると思います。

婚活の山5合目「お付き合い」

結婚に向けたお付き合い
ウキウキした軽い足取りで5合目過ぎたら、恋人にだけ見せる顔、一つ踏み込んだお相手の性格が見えてきます。「ウソでしょ!?」といった急流が待ち受けているかもしれません。

その急流を「一緒に越える」と覚悟を決めるのか、少し下山して他の相手を見つけに戻るか。これも選択です。

婚活の山8合目「プロポーズ」

プロポーズを想像する
想像できないとその場面にたどり着くことができないと思いますので、自分が「プロポーズしている」「プロポーズされている」イメージを想像してください。

どのようなプロポーズの場所で、どういったシチュエーションですか?そして交わされるのは、どんな言葉でしょうか。お互いの手元にあるのはリング?花束?

…想像のなかで、男性は「プロポーズをしている」、女性は「プロポーズを受けている」という光景をイメージされたのではないでしょうか??こうなってくると男性にプレッシャーがかかってくるのですが(^^;

このプロポーズは、結婚までの一歩手前であるのと同時に大きな“覚悟”を示す場面でもあります。男性は行動で覚悟を決め、女性はその覚悟を受け取る場面です!

ちなみに「男性が覚悟を決めるためプロポーズをおこなう」でちょっとビビってしまった男性の方々、私の友達にプロポーズアドバイザーをしているツチヤミチテル(Twitterを見る)という方が福井県にいます。オンラインWeb会議アプリ“Zoom”で、遠方でも相談に乗ってくださるので心強いですよ(*^^)v

婚活の山10合目「結婚」

結婚
いくつもの地点と難関を越えてたどり着いた、婚活の到達点が結婚です。「結婚」にたどり着くまでに、さまざまな婚活の選択を迫られると思いますが、それはあなたの覚悟を深めていくポイントでもあります。

5合目の「お付き合い」以降は、選択や覚悟をお二人で一緒に行うことによって、二人の信頼関係と絆も深まっています(^^)

まとめ

月並みですが、結婚はお二人のゴールではありません。この先には、これまで以上に長い歳月をかけて、選択と覚悟を決めるシチュエーションがあります。山に登ることも下山することも、違う山に登ることも、自分らしく選択していきましょう。

ラブコンシェルジュBlog TOP > 婚活の道のりを考える(`・ω・´)

関連記事
緊張を緩和できる!結婚相談所のお見合いシステム
緊張を緩和できる!結婚相談所のお見合いシステム

婚活に必要なのは、結婚につながる出会い
婚活に必要なのは、結婚につながる出会い

『結婚相談所 ichika』5つの婚活サポート
『結婚相談所 ichika』5つの婚活サポート

奈良の結婚相談所ichikaで、はじめる婚活。
選択と覚悟を持って、本気で取り組む婚活だからこそ、本気で会員さんのバックアップをしています(`・ω・´) 憧れのプロポーズにたどり着くために「結婚相談所ichika」で一緒に婚活を進めませんか??60分無料個別相談を受付中です。
ページトップへ