メニュー 電話 無料個別相談を予約する
婚活のコツ

ケンカはやめてMyガイドブックを作ろう(^_-)-☆

ケンカはやめてMyガイドブックを作ろう

これからパートナーを見つけたいと思っている人も、彼氏彼女がいる人も、心穏やかに暮らすためにパートナーとの喧嘩は、なるべく避けたいですよね。なかには「喧嘩なんてしない」という穏やかなカップルもいるのでしょうが。大なり小なり喧嘩するふたりの方が多いのではないかなと思います。

そこで今回は、喧嘩を極力引き起こさないための方法をお伝えしたいと思います。

― 目次 ―

ケンカの原因

ケンカの原因
彼氏や彼女とケンカをしたときに、「なんでわかってくれないんだろう」と、思ったことはありませんか?

ケンカは、両者に言い分があり衝突し合うことで起こります。全く別の環境で育ってきた人間ですから、お互いに異なる言い分があるのは至極当然のことです。

その言い分を口に出すか、出さないか。また、口に出さなくても顔や態度に出てしまって、ケンカにつながるということもあります。

ケンカにつながる言葉

ケンカにつながる言葉
ケンカのときに聞こえてくる「なぜ、○○してくれないの」「なぜ、〇〇と言ってくれないの」という要望を表す言葉。一度はこういった言葉を聞いたこと、言ったことがあるのではないでしょうか?

「なんでLINEしてくれないの?」
「なんで好きって言ってくれないの?」など。

感情的になるとカッとなって、口から出てしまう言葉があると思います(;一_一)
そういった感情的な言葉が出ることによって、ケンカがさらにヒートアップ!!ということも(^_^;)

Myガイドブック作成のすすめ

Myガイドブック作成のすすめ
喧嘩を極力起こさないための方法とは、お互いに自分のガイドブックを作り、渡しておくことです!西野カナさんの歌にも「トリセツ」がありましたね。

私は「○○されることが嬉しい」「▲▲されることが嫌」など、自分の感情のパラメーターを示す内容を文字にして、相手に渡しておくのです。

昔お呼ばれして参加した結婚式の二次会で、奥さんが旦那さんに向けて「結婚生活7箇条」といったものを渡していました。その中には「年に一度はディズニーラインドに行く」とか「浮気はしない」とか書いてあって、とても微笑ましかったです。自分の心を相手に明示するのは、うまく進めるための秘訣です。

相手のことを理解する

相手のことを理解する
相手の嫌がることが何なのか、それが分かっているだけで、お互いに衝突回数を減らしていくことができると思います。わざわざ文字にしないとしても、伝えておくこと!コレが喧嘩を避ける方法です。まずはお互いに向き合って、何が嬉しくて何が嫌なのか、話し合うことをオススメします。

「私のことは何でも知っているだろう」と思っていることが、一番の勘違いです。言葉にしないと相手には絶対に伝わりません。お互いに理解を深めることが大切です。

自分のことも理解する

自分のことも理解する
そもそも、ご自身が嬉しいなと感じること、嫌だなと思うことが、全て言葉としてすぐに出てきますか?自分にわからないことが、相手にわかるはずありません。

ガイドブックを作るということは、自分を見つめ直す機会にもなります。客観的にみて、「これって本当に嫌なのかな?」なんて、自分の小ささに気づくことがあるかもしれませんよ。

まとめ

自分を見つめ直すことは、婚活にとっても非常に大切な行動です。ぜひ婚活準備、また結婚準備だと思って、あなたのガイドブックを作ってみてください(^_-)-☆

ラブコンシェルジュBlog TOP > ケンカはやめてMyガイドブックを作ろう(^_-)-☆

関連記事
「オンラインお見合い」方法と気をつけたい4つのポイント
オンラインお見合いの方法をポイント

新しい婚活「オンラインお見合い」を始めませんか
新しい婚活「オンラインお見合い」を使いこなそう

今できる婚活について
今できる婚活について

世界が混乱に陥っている今だからこそ、婚活を見つめ直してみる
世界が混乱に陥っている今だからこそ、婚活を見つめ直してみる

奈良の結婚相談所 ichikaで、はじめる婚活。
「結婚相談所 ichika」では新型コロナウイルス感染症対策といたしまして、期間限定で、オンライン対話ツールを使った60分無料個別相談を実施しています。
自宅に居ながらオンラインで、お相手を探し、会話もできる方法を導入しています。今だからこそ最大限に動ける方法で、真剣な婚活に取り組んでいただきたいと思います(^^)
ページトップへ