メニュー 電話 無料個別相談を予約する
婚活のコツ

婚活で必要になる、ただ1つの重要な力

婚活で必要になる、ただ1つの重要な力

婚活をうまく進める上で必要になる、たった1つの要素。それは「決断力」です。しかし、その決断力を鈍らせる状態に陥ってしまうこともあるのが婚活です。その原因と対処法をお伝えします。

― 目次 ―

結婚相談所での婚活がデメリットに変わるとき

結婚相談所での婚活がデメリットに変わるとき
結婚相談所で婚活を始めると、本当にいろいろな方と出会えます。今までご縁がなかった興味深い趣味をお持ちの方や、出会ったことのない魅力的な職業の方など。たくさんの新しい出会いが待っています。婚活者にとって、出会いがたくさんあることは、めちゃくちゃ良い環境です。

ですが、これがデメリットに変わってしまう場合があるのです。それは、自分自身で“決断”ができないときです。

決断を鈍らせる「欲」の存在

決断を鈍らせる「欲」の存在
結婚相談所では、たくさんの方と出会えるがゆえに、お見合いやお付き合いを進めていくにつれて、頭によぎることが出てくるのです。

「もっと良い人がいるのではないか」
「もっと素敵な人が現れるのではないか」

このように、どんどん欲が出てきて、一人の人を選べなくなってしまうという事態に陥るケースがあります。良い出会いが多すぎて、決断できなくなるのです。

対処法:目の前のお相手とキチンと向き合う

対処法:目の前のお相手とキチンと向き合う
欲が勝る状況下になってしまうと、婚活はうまくいきません。

ご自身に好印象を持って接してくれるお相手がいても、「この人よりも良い人がいるかもしれない」と思うとお相手に心を開くことができずに壁ができてしまい、最終的に離れ離れになっていく。。。。そんなケースを私は少なからず見てきました。

このデメリットを回避するために、「目の前のお相手としっかり向き合う」。このことを念頭に入れてお相手としっかり接していくと、きちんと決断ができます。良いも悪いも自分自身で判断しないと、前には進みません。気合を入れて婚活をしようと思っている人は、「決断」ということを頭に入れて動いてください。

決断力を鈍らせる「なんとなく」の気持ち

決断力を鈍らせる「なんとなく」の気持ち
「いつか結婚できればいいかな」
「なんとなくお相手と出会えて、結婚できればいいかな」

といった具合に、目標を決めずに婚活されていませんか?「良い人に出会えれば結婚したい」このフレーズをよく耳にします。しかし漠然としすぎているため、これを目標にするとなかなか結婚にたどり着けません。本気で婚活をするなら、お相手の人物像をしっかりと想像して、理想を口に出すことが大切です。

対処法:理想や基準を持っておく

対処法:理想や基準を持っておく
婚活で上手く行っている人は、ハッキリと目標やお相手に対しての理想を持っています。それを持っていないと、気持ちがぼやけてしまい、ゴールの無いマラソンをひたすら走り続ける状態になります。
 
誰に聞かれても結婚相手に求める理想像を口にできるように、準備しておいてください。口にすれば、その方向に自分からも向かえます。口にできれば、叶うはずです。叶うという漢字は「口」に「十」です。まず十人の人にあなたの結婚相手に求める理想像を伝えてみてはどうでしょう。口にすることで自分も再認識することができ、理想に近づいて行けると思いますよ。

まとめ

婚活の心構えとは「結婚する」という強い意志を自分に植え付けることです。そして、目標や基準をはっきりと持って、物事を前進させるために決断していきましょう。そのひとつひとつの決断が結婚につながります。

ラブコンシェルジュBlog TOP > 婚活で必要になる、ただ1つの重要な力

関連記事
今できる婚活について
今できる婚活について

世界が混乱に陥っている今だからこそ、婚活を見つめ直してみる
世界が混乱に陥っている今だからこそ、婚活を見つめ直してみる

婚活の道のりを考える(`・ω・´)
婚活の道のり

奈良の結婚相談所 ichikaで、はじめる婚活。
本気で結婚を望む方を本気でサポートいたします。まずは60分無料個別相談で、どんな婚活ができるのか、そしてそれが自分に合っているのか確認してください。
ページトップへ